Basic course 基礎講座

人間性の成長を促し、認識の幅を広げる為、多様な実践者の講義を聞き、ディスカッションを行う基本コース

プログラム概要

基礎教育

期間:1ヶ月

目的

認識の拡大、人間性の成長、現代社会の限界理解と次の社会創造の方向性の模索

内容

課題図書および講師陣とのワークショップ

対象者

自分の認識を拡大したい(この世界の見え方を変える)、人間性の成長をしたい、またはこれからの時代の社会創造に興味があり、そういう活動をこれから展開していきたいと考えている人

講師紹介

  • 新井 和宏 氏

  • 前野 隆司 氏

  • 稲葉 俊郎 氏

  • 榊 正壽 氏

  • 高山 千弘 氏

  • 立石 慎也 氏

  • 竹本 吉輝 氏

  • 岩波 直樹 氏

メンター紹介

  • 新井 和宏 氏

  • 岩波 直樹 氏

  • 竹本 吉輝 氏

  • 福島 保 氏

  • 三好 洋子 氏

  • 植田 優哉 氏

申し込みから
受講までの流れ

ー 本コース ー

説明会に参加

HPでのご案内だけでは、説明しきれない部分を直接の言葉でお話する場です。ぜひこちらに一度ご参加ください!

お申し込み

お申し込みフォームよりお申し込み。

面接

応募資料(レポート)を提出後、面接をします。

受講料お振込

合格通知が届いたら、記載されている方法で受講料をお振込みください。

課題図書準備

事前に各講座毎の課題図書を一覧でご案内します。各講座前までに読んできて頂くようお願いいたします。

オリエンテーション

事前オリエンテーションにて、受講に関してのご案内を致します。ご参加頂きますよう、よろしくお願いいたします。

募集要項

ー 基礎コース ー

<料金>15万円(税別)※個人、企業派遣のどちらも同料金。
<期間>2ヶ月半(週1コマ/計10講座)
<開講時期>平日19:00-21:00
 [第3期] 2020年5月13日~7月15日
 [第4期] 2020年9月9日~11月11日

<定員>30名
<応募資格>18歳以上~50代(60代以上でも強い希望があるならOK、参加実績あり)

<応募手順>(説明会に参加)
 ①eumo Academy HP内のエントリーフォームよりエントリー
 ②事務局より面接日程の調整と、必要書類に関してご連絡
 ③履歴書と応募レポート提出(面談まで)
 ④面談の上、受講手続き
 ⑤参加料支払い手続き
 ⑥受講開始

◆募集期間
 [第3期]2020年1月~4月
 [第4期]2020年1月~8月

コース紹介資料


アクセス


eumoオフィス

〒106-0032
東京都港区六本木7丁目3-13 トラスティ六本木ビル 7階

千代田線乃木坂駅3番出口より徒歩3分
大江戸線・日比谷線六本木駅より徒歩5分
※ベンツカフェの近くに位置し一階にピザ屋さん、隣がセブンイレブンのビルとなります。入り口のサインが見えづらくご迷惑をおかけいたしますが、直接7階までお越しください。



新井 和宏 氏
株式会社eumo 代表取締役/ソーシャルベンチャー活動支援者会議(SVC)会長

東京理科大学卒。1992年住友信託銀行(現・三井住友信託銀行)入社、2000年バークレイズ・グローバル・インベスターズ(現・ブラックロック・ジャパン)入社。公的年金などを中心に、多岐にわたる運用業務に従事。2007~2008年、大病とリーマン・ショックをきっかけに、それまで信奉してきた金融工学、数式に則った投資、金融市場のあり方に疑問を持つようになる。2008年11月、鎌倉投信株式会社を元同僚と創業。2010年3月より運用を開始した投資信託「結い2101」の運用責任者として活躍した。2018年9月、株式会社eumo(ユーモ)を設立。


岩波 直樹 氏
株式会社eumo eumo Academyディレクター / 株式会社ワークハピネス Co-Founder

大学卒業後、富士銀行(現みずほ)入行。2002年ワークハピネスを共同創業。組織開発、人材開発を専門分野に現在も活動中。2017年社団法人ユーダイモニア研究所を共同発起人として立ち上げ、理事に就任。ポスト資本主義等の次世代社会システム創造の研究と実践に取り組む。2018年11月~2019年6月、内閣府知財戦略本部価値共創タスクフォース委員に就任。大企業のオープンイノベーションおよびこれからの社会創造についての知見と具体的アクションを促進する報告書をまとめる。2019年株式会社eumo立ち上げに参画。同7月取締役就任。eumo Academyのディレクターを務める。


竹本 吉輝 氏
株式会社トビムシ 代表取締役 / 株式会社eumo 取締役

神奈川県生まれ。横浜国立大学国際経済法学研究科修了。外資系会計事務所、環境コンサルティング会社の設立経営などを経て、2009年、株式会社トビムシ設立、代表取締役就任。13年、株式会社東京・森と市庭を設立。専門は環境法。国内環境政策立案に多数関与。同時に、財務会計・金融の知見を加味した環境ビジネスの実際的、多面的展開にも実績多数。立法(マクロ政策)と起業(ミクロ市場)で双方の現場を知る。


福島 保 氏
株式会社eumo最幸顧問

1971年、福武書店(現ベネッセコーポレーション)入社。通信教育事業、 支社長、事業開発室長などを経て取締役。2007年ベネッセコーポレーション社長。2009年 グループのホールディング化に伴い、ベネッセホールディングス社長。2014年退任。 現在、いくつかのスタートアップ企業などを応援。


三好 洋子 氏
株式会社eumo最幸顧問

岡山県出身。(株)ベネッセコーポレーションで20年勤務。進研ゼミ事業、人事部門を経て出版部門に。妊娠・出産・育児の雑誌「たまごクラブ」「ひよこクラブ」生活情報誌「サンキュ!」を創刊プロデュース。 2001年「みよしようこ事務所」を設立。www.miyoshiyoko.com / 仕事の目的によってチームを作り、新規事業の立ち上げ、出版・人・商品をプロデュース。ゆりかごから墓場まで女性の一生で自分や家族や友人がして欲しいサービス、商品を新しい価値観と仲間と共に世の中にうみだすことに喜びにしている。ほぼ毎日、着物を着続け中。自分の体験から40代50代の変化をチャンスにする「一般社団法人 オトナ思春期をデザインするプロジェクト(オトハル)」を設立。http://otoharu.com/


植田 優哉 氏
MEDETASHI.team / eumo Academyコミュニティデザイナー

人材派遣、ロジスティクス、コンサルティングという仕事を通じて、経済活動だけを追い求め、人々が疲弊している現在の社会に疑問を抱いた。 そんな中、参加型リーダーシップトレーニングArt of Hostingに出会い、本当に我々が歩むべき道は、経済の成長「だけ」を追い求めることではなく、互いを尊重し合える愛のある満たされたコミュニティにいることだと確信する。 日々の中に愛に満たされたコミュニティ、愛のあるサービスを作ることができれば、世界は必ず持続可能な社会イノベーションを起こせる。 モットーは『自分が動けば世界は変えられる』。組織コンサルタントを経て、独立。持続可能な暮らしをテーマとしたコミュニティの形成や地域経済循環プロジェクトにも関わり、サステナブルな社会実現を目指すために活動中。